一軒家

冬に大活躍の給湯器が壊れてしまったら専門業者に依頼しよう

無くてはならない「お湯」

リモコン

定期的に点検を

日本に住んでいる私たちの生活の中で、蛇口からお湯が出ることはもはや当たり前ですよね。お風呂や洗面、食器洗いなど、毎日何度もお湯を使う機会があるので、お湯のない生活は考えられません。自宅でお湯が使えるのは、「給湯器」があるおかげです。でも、普段の生活の中で給湯器の存在を特段意識することもないでしょう。しかし、給湯器には寿命があり、定期的な点検や修理が必要となることも頭に入れておかなければなりません。そうでなければ、ある日とつぜん給湯器の寿命が訪れてお湯が出なくなってしまい、パニックに陥ってしまいますよ。とくに、長く住み続けるマイホームの場合は、自分で意識して定期的に点検や修理を行う必要があります。

寿命もあります

給湯器の寿命は、一般的には8〜10年と言われています。とくにトラブルがないと、もっと何十年も使い続けることができるようなイメージもありますが、必ず寿命は訪れます。給湯器の寿命が近付くと、何らかのサインが出てくる場合もあります。たとえば、お湯の温度が一定にならない、設定温度と実際のお湯の温度に差がある、給湯器から変な音がするなど、ちょっとおかしいなというサインが表れ始めます。こういった状態になったときは、業者に連絡し点検や修理をしてもらうと良いでしょう。場合によっては、修理よりも交換をすすめられることもあります。寿命のサインを理解しておけば、急な故障でパニックになることもありませんので、心積もりとしてオススメします。